【JD RAZORキックボード改造】買ってソッコウでばらす②(ベアリングの分解とチューニング)

キックボード, チューニング

ベアリングのチューニング

前回頑張って外したベアリングのチューニングを行う

●必要機材

・先が薄いマイナスドライバー的なもの
・好みの高性能グリース

では、実際にベアリングを開けていく。

●作業における注意点

ここで守らなければならないルールは下記3点
 ①ダストシールを傷つけるのは片側だけ
 ②内部のボールに傷をつけない
 ③ビビらず思い切ってやる(壊しても平気)

●作業手順

早速分解開始

1,ダストシールを片側取り外す

マイナスドライバーをダストシールの内側から突っ込んでこじる
基本的にはそれだけである。外側からはこじれない、必ず内側。
ベアリング外周がバネ状になっており圧入されているだけなので
意外と簡単にはずれる。


今日も猫に監視されてる。
コツは、変形しても怯まないこと。


はずれた図
ダストシールは変形したが、良し。

2,好みの高性能グリースを封入する

この状態でベアリング内に好きな高性能グリースを入れましょう
私が使っているのはこれ
円陣家至高というメーカーのリキッドグリースLGというもの。
真っ赤でサラサラのグリースである。
サラサラが故に回転抵抗が少ないという特徴を持った油です。
[円陣家至高] GRESIN[LG] (グリシンエルジー) 液体状のグリス 50ml EGY20


機械油でベタベタの手で触ってるから真っ黒。。。
これを好きなだけ入れる。
もともと入っていたグリースと混ぜてなじませるイメージです。
入れすぎても流れ出てしまうから適度にしましょう
(手が油でベタベタだったので写真はないです。。。。)
※究極の性能を求める人はエタノールやパーツクリーナーなどで
純正グリースを完全に脱脂洗浄してから入れても良いです。
但し、粘性の低いグリースを使った場合は持ちは悪くなるので
定期的なメンテナンスが必用になると思われる。あと水に弱くなる。

3,ダストシールの再装着

入れたらしばらく回して馴染ませてさっき外したダストシールをつけましょう。

完成です。シールが凹んでるが気にしなくてOK
注意点は
 凹んだシールがどこにも接触していないこと
4個全てに同じ加工を施します。
シール壊しちゃった場合、修正しても干渉する場合は無理に装着しなくても良いです。

4,ベアリングを車輪に組み戻す


ホイールに組むときの注意点として
ダストシールを壊した面をホイールの内側にして組む
これでゴミも水も侵入しません。
ベアリングをすべて車輪に戻して、元通り組み立てて完成。(カラー忘れないでね)

次回性能比較をしてみる。