【南インドカレー・レシピ】ガラムマサラの配合と作り方

南インド, カレー

ガラム・マサラ(garam masala)

ヒンディー語で「温かい・混ぜたもの」の様なニュアンスの言葉らしい。
あたたかい≒おふくろの味、的な。

パウダー系の合わせ調味料は作り手によりマチマチで決まりは無いです。
各家庭でいろいろな配合があるので家庭の味ってことでこの名前なのかもしれませんね。

今回は我が家での配合と作り方です。


材料

こんな割合です
コリアンダーシード  8
クミンシード           6
ブラックペッパー     2
グリーンカルダモン  1
クローブ                 1
メース(ナツメグ)  1
シナモン(カシア)  1

作りやすい分量に置き換えると
・コリアンダーシード 大さじ3弱
・クミンシード 大さじ2
・ブラックペッパー 小さじ2
・グリーンカルダモン 小さじ1
・クローブ 小さじ1
・メース(ナツメグ) 小さじ1
・シナモン(カシア) 小さじ1

必要な分量で割合から計算して見てください。


作り方

【手順1】鍋に材料を投入して乾煎りする

材料を全部フライパンなどの鍋に投入する。
炒め鍋などが作業しやすいです。
弱火~中火🔥で焦がさないように乾煎りします。
スパイスたちの水分を飛ばすようなイメージです。

作業時間:20分~
クミンシードの色が濃くなって、
スパイスが軽くなってきたら完成の目安です。

↑Before
↓After


【手順2】熱で溶けない容器に移して冷まします

熱いままミルにかけると摩擦熱でスパイスが焦げてしまうので
ここで一旦室温まで冷まします。
放置(時間は気温によってまちまち)


【手順3】ミルで粉砕

材料を全部ミルに投入して粉末にします。
好みで粗挽きにしたり微粉にしたり調整してください。
私の家では若干粒が残るくらいの細引きにしてます。

☆コツというか注意☆
電動ミルを使う場合は、一気長い時間粉砕すると
カッターとスパイスの摩擦で焦げることがあります。
細かくなればなるほど発生する熱量が増えます。

細かくする場合は
20秒粉砕→蓋開けて熱を逃しつつ冷却→20秒粉砕→冷却→・・・
のようにするとうまくいくと思います。
あと量は控えめにしたほうが粉砕が速いです。
(写真のは粗挽きにするので入れすぎです)

  


【完成】

お好みの挽き具合まで挽いたら完成です。

密閉できる瓶などに移して冷暗所に保管。
できるだけ早く消費しましょう。(香りが抜けていきます)

おつかれさまでした。